Angela's Cafe
『夢を10000個 叶えながら生きていこう』がモットーのゆきえっと。夢を思いついたり、叶えたり、応援したりしながら、日々を楽しんでいるブログです。

Artistic Work

私は、ひょんなご縁からある旅行会社の社長(カナダ人)とお仕事をさせていただいています。

何個目の仕事になるかしら?? (7つの収入源を持つのが目標)

anyway その方の仕事ぶりが実にartistic(芸術的)で感心しているのです。

何が芸術的かと言うと…

妥協はせず、

細部にわたって神経を配り、

いつもイノベーション(改革)をして、

自分の哲学がある。 


だから、彼の作る旅はまるで芸術作品のようなのです。 世界のエグゼクティブ向けのツアーで、数よりも質で勝負の旅。「おもてなしのこころ」で溢れた旅。

そういう彼の姿勢に接していて、私も仕事を芸術作品のように仕上げるようにやりたいと思うようになりました。

毎朝のタイムスケジュール作りは私の重要な日課です。どういう1日にしたいのか、しっかりとデザインします。

それに沿って快適に動く。

この日課には、今日しなければならないことと、未来のためにやっておくことが全部含まれているんです。

だから、今日の一日が1年後に生きるときがある。

そうやって、時間軸を短くしたり長くしたりしながら、「今日」を生きる、そう心がけています。

だって、Artistのように仕事をしたいですから♥


まだ修行中ですが、この感覚うまく使いこなせそうです。

嬉しい♥

では、またね~






スポンサーサイト

Angela's Cafe Autum

11月3日に Angela's Cafeをオープンします 

門を開けると、シンボルツリーのヤマボウシが「いらっしゃいませ」と挨拶し、


ガーデンデザイナー Minちゃん作のお庭をしばし眺めながら…外階段でテラスに上がっていくと、

秋のアンジェラ(薔薇)が出迎えてくれる。花は咲いていないけれど、来年の春に向けてしっかりとエネルギーを貯めている感じ…

テラスには にこにこのうえん(和歌山県)のオーガニック野菜が置かれていて、見るからにエネルギーにあふれている

カフェの中に入ると…ライブ演奏の音楽が流れる中で

正面のテーブルで 野尻産「e.c.garden」のジャムの試食。珍しい種類のジャムが並んでいて、どれも感動するほどおいしい。

ジャムをのせるのは板橋にあるパン工房「めるん」の食パン。これも感動的においしい。

フィンランド紅茶と、新潟こしひかりのひじきおにぎりをオーダーして、

空いている椅子を探して座ると…

初めて会ったとは思えないくらい、いろんな人と気軽に話ができて、しばしのおしゃべりタイム。

音楽を聴きながら、人の流れを感じながら、自分の心と会話する。

ローカリゼーションがいっぱい詰まった空間。


すこ~~しだけ暗くなってきた頃にキャンドルが灯され、心がどんどん柔らかくなる。

ホットコーヒーをオーダー。おいしい。


Angela's Cafe は、人と人の柔らかで温かいエネルギーが交換する場所。また来たい。



…こんなイメージです!!! 

 実は、隠れテーマがあってね。それは「準備と片付けも全部楽しいこと」なんです。こういうイベントは準備99%当日1%ぐらいのエネルギー配分と言ってもいいくらい準備に手間暇がかかります。

プロセスそのものを楽しんでこそ、イベントの成功と言えます!よね。


Angela's Cafe たくさんの人に来てほしい。もう少し工夫をしよう、うん。


では hej hej ♥












She is going to Denmark again !

長女が来月初めより再びデンマークに行く。

2か月半の短期留学

デンマークには、フォルケホイスコーレという大学の単位とは無関係、成績もなしという成人学校がある。その代り自分のやりたいことを存分にやることができるので、その後の進路がはっきりする人が多いそう。

彼女の好きで好きでやまないことは音楽とダンス。


私の家は音楽一家でもなかったのに、勝手に好きになりどんどん深まっていった。「ずっと音楽が流れる街に行きたい」と、帰国後 ウィーンへの留学も考えているらしい。

将来はヨーロッパのどこかの街で暮らしている気がする、彼女は。


次女は、来年アメリカの大学に入学する準備をしている。


私たちは世界のどこかで待ち合わせする家族になっていくんだ。


17年前に、amwayという仕事に出会い、やろうと決めて、そしてこんなことを考えていた。

「娘たちを国際的に育てよう。英語はもちろん話せる。世界の大学から選べるようになる。それぞれが自立して、世界のどこかで待ち合わせができるような家族になりたい」


娘たちは小学生で初めてハワイのマウイ島

翌々年にもう一度マウイ島を訪れた。

高学年(5,6年生)でカナダのトロントとミシガン

長女は中2でニュージーランド

次女は高2でタイの孤児院でのボランティア

amwayの招待旅行で家族でグァムも訪れた。

長女は高2で一年間のデンマーク留学


そう、そうやって少しずつ少しずつ「世界へ羽ばたいて」いってる。

夢が実現している。

強い強い思いは必ず実現するんだ。


すがすがしい気持ちで、長女のことを見送ろう。世界に羽ばたけ!

では、またね。












Change

お久しぶりです。

相変わらずとっても元気です

facebook, twitter、メルマガ、ホームページなどではよく文章を書いていましたがブログは本当に久しぶり。

やっぱり Angela's Cafe で書くことが一番 ”素”の自分です。


さてさて・・昨日 とっても素敵なお話を聞くことができ、今でもず~~~~っと心に響いています。

「森の保育園」長野眞弓先生の『笑顔の力』というテーマのお話。

ベースは、Choice Theory(選択理論)。それを元に身近な人との人間関係をもっとも大切とし、幸せな人生を再構築しようという心理学です。

私が、ここ数か月、いや数年ず~~っとテーマにしてきた自分と相手との関係性の究極の「素敵」な形がこの選択理論にありました。

長野先生は、選択理論を幼児教育の現場やビジネス、そして家族との関係においてしっかりと実践され、驚異的な結果を出されています。

「森の保育園」だけでなく、鹿児島に不登校児のための全寮制の学校も開校させました。

とにかく、実践の人、行動の人です。やると決めたら「やる」人です

この「選択理論」を学んでみたいなと思いました。そして、ビジネスだけでなく、エコ・コンシャスを通して携わりたい「教育改革」に貢献したいと思いました。 愛の心理学ですね

デンマークの教育のゴールは、『自分と相手の違いを受け入れる』です。 選択理論のゴールも『自分の理想と相手の理想の違いを認める』ことです。 まったくもって同じなのでびっくりします。

日本の教育・・・このままでいいのでしょうか。

私に何ができるでしょうか。



もっとましな世の中にして次の世代に渡さなきゃ、ね。



Family

昨日(日曜日)、私と娘二人、妹と妹の彼、の5人で新大久保のコリアンタウンに繰り出しました。

新大久保の変貌ぶり(進化!?)にびっくり!! 韓流ブームのため駅の改札から人がごった返していて、ものすごい活気です!!

改札を出て、コリアンタウン(通り)を歩くと、焼肉店のほかに韓国アイドルの写真やキャラクターグッズを売っているお店、韓国スーパー、韓国カフェなど、まるで韓国に来てしまったような雰囲気です。

レストランに入って、チヂミ、トッポギ、チゲ鍋、サムギョクサル(焼肉)をオーダーし、次々に食べては、飲んで、大声で笑い、なんて楽しいんでしょう


そう、今年の私のテーマは「家族 Family」です。

 
娘二人がそれぞれ自分たちの道を歩み始めて、来年には一人ずつ海外で勉強することになりそうなので、

今年は 家族でまったりと過ごせる最後の年かもしれない。

そう思うと、ひとつひとつの時間が貴重に思えてきます。


私たち家族は、いっつも一緒・・・というタイプではない。それぞれが大好きなことを自立しながらやっていて、時々集まってはいろんな話をする。

日本に限定せず、海外で待ち合わせする時もそう遠くないだろう。「ハワイの○○ホテルのロビーで待ち合わせね」な~~んて約束するのが夢のひとつ

「子供を国際人に育てたい」この夢は実現しました。


さぁ、今度は私だぞ。 私は、一人の女性として(母親としてではなく)どんな人生を歩みたいのか。

自分に問いかけています。



だからこそ、この1年の家族での思い出をいっぱい作りたい 次は温泉かな・・・?


さてさて・・・明日 すこ~~し寒さが和らぎますように





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。