FC2ブログ

Angela's Cafe
『夢を10000個 叶えながら生きていこう』がモットーのゆきえっと。夢を思いついたり、叶えたり、応援したりしながら、日々を楽しんでいるブログです。

Nature Game

実は、先週の金曜日から日曜日まで・・・ネイチャーゲームリーダー養成講座に行ってました。

ネイチャーゲーム なんとなくイメージ湧きますか?

ビオトープ管理士の仲間が、環境授業の際にネイチャーゲームを取り入れているのを知っていたのでなんとなく興味がありました。 やっぱり遊びながら学ぶって楽しいですよね。それで思い切って、東京での講座を申し込んだのです。

場所は 代々木公園

初日の天気・・・見事に 雪 今日はさすがに室内での講習になるのかな、と思いきや・・・

講師の先生・・『雪の日もよし。いろんな天気の中でネイチャーゲームを体験して、それぞれに味わいがありますから』とかなんとか言って、雪の中 普通に外に出てネイチャーゲームの実習が始まりました

寒い~~~。でもね、参加者30人誰も文句言わない。雪も自然として感じて、楽しむ・・・この精神がちゃんとできていました。さすが!

ネイチャーゲームだからゲームのスキルを学ぶのかなと想像していましたが、実際は全然違っていました。

今から30年前、アメリカ人のジョセフ・コーネルさんが Sharing Nature with Children という本を出版し 全米でベストセラー、世界に広がり、日本で ネイチャーゲーム協会ができたという歴史です。

とにかく、理念が素晴らしい

「私は、この地球に生きる子供たちが、自然に対して感受性豊かに育つためには、まず自然を学ぶこと自体が、子供たちの心をとらえ、夢中にしてしまうようなものでなければならないと思い続けてきました。
これはただおもしろいというだけものではだめで、また子供たちひとりひとりの体験を基盤とするものでなければなりません。
五感を使い、想像力を働かせ、この世界をさらに深く理解し、その尊さに気付くなら、それはまさしくその子供にとって感動的な”発見”そのものとなるでしょう (Sharing Nature with Children より抜粋)」

まぁ、とにかく 気付きと発見、感動の連続なのですよ。

体験しないとわかりません。大人でも子供のような気持ちに一瞬でなってしまうのがネイチャーゲームのすごいところです。 つまり、誰でも体験すればわかっちゃうのです。


雪の次の日・・・みぞれ交じりの雨 でも、実習はもちろん外。それがどんどんかえって良い体験へとつながって、

最終日は 快晴!!!!! やった~~~~~~!!! この日には、特別の眼鏡をもらったような感覚がありました。つまり、樹や植物たちを見る視点が変わったのです。まるで、友達のような、言葉が聞こえてくるような、そして心が通じ合うような感覚になりました。

樹を触って・・・ 涙すら出てきました。

最後の最後に 講師の先生(この方がまた本当に素晴らしい!)がこんな言葉を私たちにプレゼントしてくれました。

あるネイティブアメリカンの言葉『私たちは毎日 あまりにも忙しくしていて、心を置いてきてしまっているようだ。今、この樹の側で立ち止まり、心が来るのを待っていよう』

この3日間に出会えた仲間と講師の先生方に感謝して・・・

またひとつ夢を叶えたよ

日本ネイチャーゲーム協会

さて、仕事に家庭に、爽やかな気分で戻ります。ではまたね~。

あっ、「ミツバチの羽音と地球の回転」昨日から渋谷で一般公開が始まりました。ぜひぜひ観に行ってください。お勧めです。詳しくは・・・ エコ・コンシャス・ジャパンのHPに載せてます。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yukiet.blog84.fc2.com/tb.php/129-2c5467d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。