Angela's Cafe
『夢を10000個 叶えながら生きていこう』がモットーのゆきえっと。夢を思いついたり、叶えたり、応援したりしながら、日々を楽しんでいるブログです。

Saitama Super Arina

Kasumiさんと娘の Kisakiちゃんと一緒に

昨日(3/22)さいたまスーパーアリーナに行ってきました。
被災者がペットを連れてきていて、一時預かりを希望する人を募集している・・と聞いて、ペットフードとペットシートをキャリーに積んで向かいました。

不思議なんですけど、自宅からバスに乗って さいたま新都心駅に向かう道中・・・キャリーを転がしている自分のことがちょっと恥ずかしいんです。 災害だから何とかしよう!という雰囲気はない中、自分だけが違う空気でいるような気がしました・・

でも、さいたま新都心駅に着くと、荷物を持った人、大きな袋を下げている人があちこちにいて、「あっ、ここは避難所だ」と実感してほっとする。そんな感じでした。

被災者よりもボランティアの方が多いんじゃないか、と思うぐらいたくさんの人がいました。


ガムテープを切って、腕に「ボランティア」と書いて貼り付けているだけ。

自治体のボランティアは、もちろんいるけど、それよりも何か「自分にできること」があればと勝手にボランティアをやっている感じ。

「美容師です。髪を切ります」と看板を掲げている人

「パソコン詳しいです。なんでも調べます」と首から札を下げている人

「通訳やります」と首から札を下げている人

さらには、音楽で被災者を励まそうと バンドの演奏とタップダンスをやっていたり、

2011032214440000_convert_20110323084609.jpg


やることないから「誘導係」をひたすらやっている人

「今日のボランティアの受け付けは終了しました」の看板を持って駅に立っているボランティアのためのボランティアなど

(保育士さん、介護士さんは常時 ボランティアを募集していました)

 のかたまりのような空間でした!

物資も十分届いていて、仕訳けがされていて、大きなスペースに被災者の人が必要な物を必要なだけもらえるようになっていたし、お風呂に行くバスが定期的に運行されていて、多少の不便はあるにせよ、ここでの生活は不自由はないのがわかりました。

2011032214400000_convert_20110323084547.jpg


朝8時半までに行くと、100名ほどのボランティアの受付けをしていて、その日に必要なことがお手伝いできるようです。気になる人は行ってみてください。

私は、災害時からペット達はどうなっているんだろう~と気になっていました。一切テレビで報道されないし、今は「人間が先」というところでしょうか。

でも、飼っている人にとってはペットは「家族」。よっぽどのことでない限りは、避難所に一緒にいるのでは、と思ったのです。そして、これからの避難生活を考えると一時預かってほしいのではないかと思いました。

あったあった!動物愛護協会による「ペット一時預かり」登録のコーナー!そこで登録を済ませ、避難所にペットはいるのですか?と聞いたところ

「報道されていませんが、いますよ。これから被災地に入って救出しに行くんです」と力強い声が。

2011032214370000_convert_20110323084451.jpg

2011032214370001_convert_20110323084515.jpg


どうか一匹でも多くのワンちゃん、猫ちゃんが助け出されますように。



みんな大変だよね、でも少し余裕のある人がまわりの人を助ける。できることをやる。

できることを本当にやろう


(Kasumiさん、 Kisakiちゃん ありがとう)



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yukiet.blog84.fc2.com/tb.php/137-668c5944
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。