FC2ブログ

Angela's Cafe
『夢を10000個 叶えながら生きていこう』がモットーのゆきえっと。夢を思いついたり、叶えたり、応援したりしながら、日々を楽しんでいるブログです。

Cherry Blossom

桜が満開

今日は、ビオトープ管理士の仲間と ブログの立ち上げや、これからの活動についての話し合いをしました。

昨年の9月にとったビオトープ管理士の資格。 ある日、ふと「自転車で行けるところに森があったらいいな」という想いが浮かびました。その頃、私の弟が心の病気で苦しんでいて、私も一緒に苦しんでいたので、

ある本で読んだフレーズを思い出したんです。 「処方箋:1日2回 森に行くこと」

でも、近くに森と呼べるような場所がない。森ってどうやってできるの?生態系ってどういうこと? 植林が本当にいいの? 

それで、まず生態系のことに詳しくなりたい!と思って始めたのが ビオトープ管理士の勉強だったのです。

今では、ビオトープ管理士仲間に交じってちょっとばかりの役割が与えられているのですから、人ってやる気にさえなれば何でもできるんだな~と思います。

anyway その打ち合わせに向かう途中、電車の中で 満開の桜を見ていたら涙が出てきました

それは、3月11日の震災を経て、今なお苦しみや悲しみや、痛みを感じながらも、季節は移り変わり美しい桜が咲いている、なんとも言えない感情が混ざった感じ(わかりますか)でした。今年の桜は、人生において一番特別に感じました。

焼け野原のあと、原爆のあと、敗戦のあと、関東大震災のあと、阪神大震災のあと、中越地震のあと、4月を迎えて桜を見ていた日本人は同じような気持ちだったのではないか、と想像しました。

それでも桜は咲く」って。  そして、桜が「希望」を感じさせるのです。


震災後の1週間は、何かやらねば~と少し緊張した気持ちで「今できること」をちょっとずつやっていました。

3月終わりに デンマーク人留学生のミケルが来て、いつも以上に、いつもの生活をしていて

そのうち情報が錯綜し、時々怖くなったり、何かに駆り立てられたり、ちょっとした無力感が襲ってきたり、

元気を与えているはずの自分が、単純に元気が欲しかったり、涙が出たりして・・・

「人間ですもの」 ね。

桜は偉いなぁ。「私は元気ないから咲かないでおく」ってことないですもんね。一斉に何か合図でもあるように咲く。日本人、いや世界中の人が一斉に平和に向かえたら・・・未来の子供たちのために、ツケをのこすものは作らないと一斉に向かえたらいいのにな。いや、向かえる時代に来ましたよね。

ミケルと浦和に行く車中。「おかあさん、本当に本当に桜 きれいね~。これは日本の文化だ」と感動していました。

「そう、これは日本人の魂(ソウル)に刻まれた文化だよ」

 では、またね~

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yukiet.blog84.fc2.com/tb.php/141-4804a540
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。