FC2ブログ

Angela's Cafe
『夢を10000個 叶えながら生きていこう』がモットーのゆきえっと。夢を思いついたり、叶えたり、応援したりしながら、日々を楽しんでいるブログです。

Lolland, Denmark

デンマーク から戻りました~!

今回は、世界で最もエコが進んでいると言われているロラン島の取材旅行でした。

私・・・小さい時に、毎週日曜日の「兼高かおる世界の旅」という番組を観るのが好きで、いつかいつか世界をリポートする人になりたい と思っていました。

もしかしたら、今回がその夢の実現の始まりなのかもしれません。

昨年、「デンマークをお手本に」というテーマでエコ・コンシャス・ジャパンを立ち上げ、知れば知るほど デンマークの「ありかた」に興味を持ち、

さらに ロラン島在住のニールセン北村朋子さんとつながり、今回の取材のコーディネイトをすべてお願いし、

たっぷりとふか~~~くロラン島を知る4日間になりました。


写真は次回以降にアップしますね!



コペンハーゲンから電車で2時間半・・・窓から見える景色は、延々と続く平らな畑。デンマークは山がないのです。 その風景に溶け込んでいるのが風車! 風力発電機です。 畑と、風車。これがデンマークの代表的な風景といっていいでしょう。

ロランに入るとその数がどんどん増えてきて、さすがエコの街です。

島全体の人口が6万人。 農業が主流の小さな市。でも、今や世界から注目を集める場所になっています。
そこで・・・・

島の需要の5倍の発電をする風力発電

多く作った電気で水を分解させて水素を取り出し、それを貯める水素タンク。その水素をもう一度酸素と結合させる時に出るエネルギーをつかって発電する「R水素」

麦などを栽培したあとのわらを集めて燃やして、その熱で温水を作り、地域の暖房につかうバイオマス施設

肥料分がたっぷりの水を海に流す時に、「藻」を使って水を浄化して、その「藻」からさらにエネルギーを取り出す研究機関

風力発電機のメンテナンスができる技術者を養成するウィンドアカデミー

波力発電の研究

原子力発電所の建設計画があった場所のあとにできた風力発電機群!(デンマークを象徴している~)

ロラン島からフェリーで行くファイェ島の有機リンゴ農園

パーマカルチャーを実践している 絶景の丘があるアンナさんとのひととき

牛をやめて、山羊と羊に転換し、オーガニックチーズやハムを売っている有機ファーム

そして! 園舎は森。「森の小人のすみか」という名前の森の保育園

すべてロランでとれた食材を使った とびきりおいしい「隠れ家的レストラン」

ロラン島の人々

ニールセン家での ヒュッゲな夕食


を見て、体験してきました~~~。  すごいでしょう~。

ここには、震災後の日本のお手本がつまっています。 本当にどうやってくまなく発表しようか、アイデアをめぐらせているところです。


ひとつ言えるのは デンマーク人に共通している「俯瞰(ふかん)でものごとを見れる力」のすごさです。

全体を見れる力とも言えるでしょう。

それは、デンマーク人が 「全体がハッピーだったら個人としてもハッピー❤」という考えが浸透しているからです。

ハッピーというのは、ふんわりしたものではなく、無駄なことは徹底して省き、大事なことには時間とお金をかけ、シンプルに暮らし、家族を大事にする、具体的な行動の上にあります。

それが、教育、エネルギー、経済、ライフスタイルにすべて反映しているので、数か所をめぐっているうちに共通点が見えてきます。

さぁ、それをしっかりと 伝えていきますよ。


お知らせがあります。

7月3日(日曜日)

10時~12時 東京ウィメンズプラザ 視聴覚室にて

「いま そして みらい」 デンマーク視察報告
             気仙沼 ボランティア報告 をいたします。

詳しくは エコ・コンシャス・ジャパンのホームページにて

かなりすごい内容になりそう 来てくださいね。


では、またアップします~~~~ haj haj







スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yukiet.blog84.fc2.com/tb.php/154-adccc148
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。