FC2ブログ

Angela's Cafe
『夢を10000個 叶えながら生きていこう』がモットーのゆきえっと。夢を思いついたり、叶えたり、応援したりしながら、日々を楽しんでいるブログです。

Let's try !!!!!

私が今まで叶えてきた夢の中で、かなり嬉しくて、自信がついたことのひとつが

「英語を話せるようになったこと」です。

私は、そうですね・・・中学生の時に「通訳になりたい!!!」と決意して、それから英語を一生懸命勉強してきました。 英語の勉強が大好きでした。

でもね・・・喋れるようにはならなかったんです。

18歳のとき、短大の語学研修旅行で 初めて海外に行きました。行先は、アメリカ ミシガン州

もう、見るもの聞くもの すべてが新鮮で、感動で、細胞全部にひとつひとつの時間を刻みこみました。そして、同時に ものっすごい悔しさも味わいました。

「思っていることが自由に話せない・・・」もどかしさ。悔しくて悔しくて、何度も夜 泣きました。そして、「まだ、帰りたくない」と泣きました

その悔しい思いが、日本に帰ってきての英会話の勉強に火をつけました!!!!

語学学校に通い、外国人の友達をつくり、映画を観てはそのフレーズを真似して、すぐに使ってみました。そして、そのうち だんだん会話が成り立つようになり、言いたいことが言えるようになり、と同時に聴く力もついて、英語がほぼ不自由なくしゃべれるようになりました。

日本にいながら英語は話せるようになる!!!
が私の持論です。要はやる気です。

それでね、夢の実現につながるような ある方法をその当時の自分がつかっていたなぁと最近 気づいたんです。

・・・それは・・・ズバリ!!はったりです!!!(表明する)

”Can you speak English?"と聞かれたら、堂々と”Yes"と答えていたんですよ。

それで、思いがけず通訳をさせられたり、ガイドをやったりして、もうどうしてもやらなければ!!!!という状況に自分を追い込んで、

そのぎりぎりのところで力を出してやりきってきました。「できない」とは絶対言わなかったんです。ある不動産会社の秘書をやっていたときに、スイス、イギリス、アメリカの3か国相手に訴訟を起こしたこともあり、その訴状を全部 英語で書いたこともありました。

だからね、できるとか できない じゃなく、

 最初は特に まずやってみるが大事です。そして、ちょっとできるようになったら 

 「わたし、やります」と他の人に表明していく。そうすると、どんどんやれる現場、環境が引き寄せられてくる。それを精一杯ひきうける。

  そして、コツコツとやり続ける。それで、英語が話せるようになってきたのです。




私の場合、悔しい思いがわいてきたときから、20+○年 今も英語の勉強は続いています。街で、看板をみて参考になることがいっぱいあります。友達とたくさん話します。英語のラジオをよく聴いています。

 だからね、「~できますか?」と聞かれたら、「やります」「やってみます」と答えちゃうこと。

   英語話せますか?と聞かれたら「片言なら話せます」って言ってみて。だって、他の国の人って あいさつができたらもう、”I can speak English"って言ってるんだから、本当に はったりです

 そう、私のブログは ほとんどが はったりなのかもしれません・・・。

  やってみよう!とにかく、夢に向かって進んでいきましょ! では、またね See you soon

PS 私、英語が話せるようになった延長で、小学生のための英語教室を自宅で開けるようになったんです。その話を次回にね。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yukiet.blog84.fc2.com/tb.php/57-eb8adc33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。