Angela's Cafe
『夢を10000個 叶えながら生きていこう』がモットーのゆきえっと。夢を思いついたり、叶えたり、応援したりしながら、日々を楽しんでいるブログです。

Long Long time no see

ず~~~~~っとブログがご無沙汰になってしまいました。

「執筆」を意識したとたんに、ぴったり書けなくなって・・・書かなくなってしまって・・・。 うまく書こうとしちゃいけませんね。

もうひとつの理由は、パソコン。 もう8年以上使っているパソコンの調子が悪く、何度も途中で止まってしまって、投げ出しちゃった!

1月に新しいパソコンを買い、さくさく始動したら、どんどんエネルギーが戻ってきて、わくわくしてきました

2012年1月がもうすぐ終わろうとしているけれど、今月はやけに長かった。 お正月を迎えて、それからデンマークを取材したときのDVD作りに取り掛かり引きこもり生活・・・。 やっとこさ、友人を迎えて仕事開始と同時に部屋の片付け。それから4日間のセミナー。

帰ってきてからまたがっちりと仕事。 明日は お醤油の醸造元の見学ツアー。

来週は名古屋に行きます。 来月はじめには台湾にも行きます。


センちゃんのなせる不思議なスケジュール調整にもしびれています

行ったほうがいいスケジュールは、どんどん調整がついていきます。(私の意志とは関係なく)

会えたらいいなぁと思う人よりも、会うべき人とアポイントが入っていきます。

なので、よく「優先順位」を確認します。 時間をかけても重要なこと・・・に時間を割く必要があるからです。

例えば、私はタイムマスターという講座に約半年前に出ました。

そこでは優先順位や、人生で実現したいことを明確にし、スケジュールに書き込んでいく作業をするのですが、

その講座で学んだことを最近すっかり忘れていました。なので、時間軸があやふやで、無駄な時間がいっぱいになってしまいました。

でも、タイムマスターの勉強会にまた出ようと決めました。時間を作るために、時間を学ぶのです。重要なことに時間を割く。 そうだそうだ。


今年も何個の夢が実現するだろう。1日1個。毎日積み重ねて10000個。

本を出版します。DVDも発売します。びっくりするくらい著名な人とコラボイベントやります。日本のエネルギーシフトを応援します。風力発電機に投資したいです。ほかにもほかにも・・・。

ひとつひとつの出会いや、出来事を大切にします。そこには次へのメッセージがいっぱい隠されているから。


さぁ、ブログもまたはじめられた。誰も読んでいないかもしれないけれど・・私は、始めました。ゆきえっとブログ。

では、またね~。



Thank you ❤

今、私が集中していること・・・・「執筆」。

書いている時間も、書くために考えている時間も含めるとかなりの割合になるでしょうか。


「いつか本を書いて出版したい」という夢を実現するために始めたこのブログ。夢を思い描き、ブログを通して表明し、今すぐにできることをすぐにやり、そして『向こうからやってくる』リクエストや出会いにも素直に受け入れ、また行動していくことで、どんどん実現スピードがあがっていく。これを、いろんな形で実感してきました。

デンマーク ロラン島のこと・・・これがいろんな方の心にヒットしていき、「これはより多くの人に伝えたほうがいいから」と応援が入るようになりました。

そして アイムパーソナルカレッジの長井和子さんと出会い、彼女のアイデアとネットワーク力で、「ロランのこと」を世に出していこう・・・と、

ロラン島ブログを書き始めています。(まだ未発表ですが)

自己流で書いている文章と、世に出す文章は全然違っていて、毎日 苦悩しています。書いては消し、書いては消し・・・でも締め切りがあるので絶対に仕上げなければいけない。いい修行です。

出来事と出来事の間の、繊細な表現がしたいのに出来ない・・・。普段から心を言葉化していないのがバレバレです。文法はめちゃくちゃだし、文脈もバラバラです
もっと頭を整理させなくちゃ。 すぐに煮詰まってしまいます。

そして気付くのです。プロになるってこういう厳しさだ、と。

言い訳ができないし、仕事のレベルを落とせない。締め切りを守り、仕上げていく。これだ、これだ。

お金をいただくってこういうことだ、と妙に納得しています。そして、同時に大きな感謝が生まれています。

「本を書いて出版したい」という夢を実現するために必要なプロセスが来ていることや、

そのために応援して携わってくださっている人々、

「センちゃん(潜在意識)」というパートナー、そして神様・・・。家族、友人、みんなありがとう

私は絶対にやりきります。


日本が世界に誇れる Eco Conscious な国になるために・・・進んでいきます

hej hej Thank you ! Tak !!!!!!

This is it !

内側に意識を向ける日々が最近多くなりました。

8月に野尻湖で8日間を過ごした時、心も身体もリフレッシュしてバカンスが完了した感じがあったのです。

そのあと仕事を一生懸命やりたくなり、9月からウキウキと仕事を再開しました。その時の感覚が今も続いていて、やることがいっぱいあったり、時々大変なことがあっても、それ自体が楽しいのです。

でも、仕事を引き受けすぎていたりすると、家のことに意識が薄くなって、なんだか家族のムードが悪くなったり家事に支障が出てきます。夕飯の時間が遅くなって家族からブーイングが出ることもしばしば。言葉もお互い荒くなってきます。



そんな折、次女の Natsuki に大きな変化がありました。

突然、お弁当を自分で作る!と言いだしたのです。(高校3年生) 週末に1週間分のおかずを作り、冷凍したり冷蔵したりしておいて、朝 ご飯を炊いて、おかずを詰めていく。

週末は自分でレシピを決め、買い物に行き、すべて自分で作る・・・そんなスタイルをここ1カ月間しっかりと続けています。

なぜなら、彼女は2年後 アメリカの大学に行く予定なので、向こうで絶対に自炊をしたいと思ったから。

そのためには、まず「お弁当」をつくり、母親を楽にさせて、自分も料理を覚える!そう決めたらしいのです。


そ・し・て・・・・最近は、その料理にどんどんはまっていて楽しくて仕方がないようなのです。

先日、一緒にSOGOデパートの地下食料品売り場に出かけた時。

私たち親子の関心事は、質の良い食材を見ること。豆腐、豆乳、野菜、調味料、肉、魚・・・どれも少し高めだけれど明らかに質がいいものが多い。その中で、必要な食材を買いながら

「こうしていい食材を見るのは楽しいね~~~~」

Natsu 「私、将来レストランを開きたい~」

「そうだ、一緒にやろうか!」とか


食べ物を見ながらワクワクして、話が弾みました。 そう、本当に「食」が我が家の中心なのです。

そして、こういう時間を過ごしながら・・・・あと数年で親元を離れていく娘を少し想像して、「今」「このとき」がかけがえのない時間なんだと 密かに 噛みしめていました。

子どもは子どもなりに、親の仕事をしている姿を見て、自分のできることを探すんだなぁ・・・

家で食べている毎日の食事が 明らかに子どもたちの味覚を作っているんだなぁ・・・

そして、子どもの将来の夢に影響を与えているんだなぁ・・・と、

思いながら、


やっぱり家族がなんたって一番大事! 家族の笑顔のために仕事をするんだ!!ということを確認して、

今日も一日を幸せに過ごします。


あぁ~~~もっと表現力をつけたい!!! 

一歩づつ、一歩づつ、自分を励ましながら・・ね。

では、またね hej hej



Tsurezure......

徒然なるままに・・・

日々たくさんの出会いと出来事があり、ブログにアップすることが出来ずにいました。

なぜか、書けないのです~~~。

先週は台湾に3日間行ってきたり、週末はビオトープのイベントと環境シンポジウムに参加してまたすっごい出会いがあったり、アルペンスノーボート選手の野藤優貴君がうちにヨーロッパ遠征前にうちに来てくれたり・・・

2年前にブログを書き始めた時の自分には想像もつかなかった、夢の実現のサイクルがどんどん速くなっていて、

そのスピード感に 正直びっくりしています。

と、同時に プラスのこととマイナスのことの意味や、自分が発するエネルギー&相手が発するエネルギーを客観的に見るようになったり、自分の意思とは違うところで動いていく「神様の意思」を感じたり、自分の中で微妙に起こる心の摩擦の意味を考えたり・・・と 日々 心と出来事の研究をしています。

本音で思うこと、パッとイメージしたこと、文字にして書き出したことetc・・・に「センちゃん(潜在意識)」は反応して、それに見合った出来事を引き寄せてきます。

ちょっと意識すると「あっ、それ欲しかったんだ」とか「あっ、思っていたら必要な人に出会っちゃった」という出来事にどんどん気付くようになります。絶妙なタイミングです。

あの日、あの時、道に迷って、あの店に入らなかったら・・・あの人とは出会わなかったよなぁ~というような、「道に迷うこと」すら計画されていたのか・・・と思うような、絶妙な出会いもあります。

一品持ち寄りで集まりましょう~という場合、主食、おかず、サラダ、デザートがバランスよくテーブルに並びます。「センちゃん同士」でメニューを打ち合わせましたか?と思うほどです。

あの集まりに、これを持っていこう~と思って 持っていくと、来た人と、持っていったものの数がぴったりだったり・・・

失敗も迷いも悩みも、すべてすべて「今」の自分にたどり着くまでの必要なプロセスだったんだことがわかってきます。


だから・・・・・・毎日 感謝しながら「起こる出来事を受け入れて」日々を過ごすこと・・・

「受け入れている自分」を好きになること・・・を心がけています。


ポジティブパワーは時には、ネガティブの上から蓋をして見ないようにしている行為かもしれません。

でも、悲しいとき、寂しいとき、しんどいときもある。

その感情もちゃんと感じて、あるがままの自分を好きでいる・・・そうすると、心の奥底のほうから優しい元気が顔を出してくる。

昼があれば、夜がある。男がいれば、女がいる。陰と陽・・・両方あるからいい。

最近、そんなニュートラルな自分でいることが増えてきました。

それから、自分の意思を超えて 物事が動いていくことがあります。どちらかと言うとマイナスなこと。
やろうと思ったことにストップがかかったり、成立しなくなることがあったり・・・。


それは、神様の意思なんだなぁと思っています。だから、やっぱり受け入れていく。 それがいいのです。



実現スピードがどんどんあがっていますが・・・あがってもあがっていなくてもOK 
それよりも、受け入れて行動です。

今日は不思議なブログになってしまいました。なんとなく、感じてくださいでは、またね hej hej












Lake Nojiri

ただいま~~

8日間の野尻湖バカンスからさっき戻りました。 浄水器、お鍋など家の主要品が大移動したので、片づけがたっぷり残っているんだけど、まずは気持ちのあつ~~~いうちにブログを書こうと、パソコンの前へ・・・。


山ほどのメール。仕事の問い合わせ。片付けの山・・・。でも、それが嬉しい

なぜって、野尻湖でたっぷりと心と体を休ませたから、仕事へのやる気満々なんです。

毎年、訪れている野尻湖国際村。そこは、別名「カリフォルニア州、野尻湖」と呼んでいる知る人ぞ知るとっておきスポット。

100年前に、アメリカ人の宣教師さんが野尻湖の一角を譲り受けて、外国人のためにリーズナブルな値段で別荘を持てるようにした場所。 そして、ここに外国人のコミュニティーができて、まるで外国にいるような不思議な場所なんです。

昨年から、キャビンをレンタルしてプチバカンスを楽しんでいるのですが・・・

今年は、さらに野尻湖のコミュニティーの一員になれたような経験をしました。


着いた当日。私たちが車から荷物を下ろしていると、向こうから歩いてくる家族がいたので、

「こんにちは。私たち、今日から1週間ここをレンタルしますので、よろしく~(英語で)」と挨拶したら、

「私たちも、キャビンをレンタルしているの。シアトルから来たの。もし、よかったら明日の夜 一緒にピザを食べに行きませんか~(英語)」で言ってもらい、

次の日、一緒に ピザを食べに行ったり・・・


4日目かな、散歩がてら往復1時間の道を歩いていると・・・

後ろから、私たちを追い抜いた軽トラックが「キキ~~~」と止まって、

「あんたたち、ずっと歩いているでしょ。乗せていこうか?」と流ちょうな日本語で、アメリカ人のおじさんに話しかけられて、軽トラックに乗せてもらったり・・(ちなみに2人は荷台に乗って)

その日の夜は、シアトルから来たファミリーと映画鑑賞会に行ったり、


7日目は、アンジェラ(我が家のラブラドール)を湖で泳がせていたら、10メートル先でやっぱりゴールデンレトリバーを泳がせているファミリーがいたので、

「こんにちは(日本語)」と挨拶したら、

「こんにちは、○○キャビンのジョエルです。犬の名前はビヨン。昔、テニスが強かったビヨン・ボルグっていたでしょ。あの、ビヨンです(日本語)」なんて話から、


 ジョエルさんがあまりにも日本語がうまいので、その理由を話してもらったり・・・。


最終日には、道を歩いていると 向こうから歩いてくるアメリカ人のおじいさんに

「昨日の夜、かなりうるさかったから、起こされちゃいましたよ」と、軽く怒られたり・・


いろんな人とのつながりが少しずつ出来て、本当に面白かったです。



最初に野尻湖に来た時は、小学校2,3年生だった娘達が、今は大学1年と高校3年生。

仕事の大先輩オルソンさん(ご主人がスタンレーさん、奥さんがロアンさん)に英語で話しかけられても、恥ずかしくて下を向いていたり、スタンレーさんの膝の上に乗せられて泣きそうになっていた二人が、

今は、英語でけっこうスムーズにやりとりが出来ていて、「成長したなぁ」と思うのです。



野尻湖のキャビン・・・手に入れられたらいいなぁ。

そうしたら、すべての季節を感じに来たい。夏の間は2週間くらいは野尻にいたい。

果物がとってもおいしくて、豊富なのでそれでジャムを作りたい。

たくさんの世界中の友達に、遊びに来てほしい。日本の森と里山、水田の風景の美しさを見せてあげたい。

デンマークスタイルのインテリアがいいかな。

オルソンさんが計画している「森の学校(フォルケホイスコーレ)」のお手伝いがしたい。

エコ・コンシャスのイベントも何か出来たらいい。

そんなことをたくさんイメージして、今回お借りしたキャビンに「ありがとう」と挨拶して帰ってきました。



明日から仕事できることが嬉しいです。心と体がしっかり充電すると、次に向かえるんですね。

【ワーク・ライフ・バランス】この言葉の意味が、今よ~~~くわかります。いいプライベートタイムが、いい仕事をうむ。本当にその通りです。


では、またね。 明日、写真をアップします!


Kaneko Family, Akashi Family 一緒に楽しい時間をありがとう









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。